プロフィール

あすか

Author:あすか

三浦大知くんが大好きなあすかです。大知くんの素晴らしさを少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Blog Pet

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
~神田外語大学 浜風祭ライブ vol.1~
台風の影響でパフォーマンスが短くなったらどうしよう?と心配していたのですが、
予定どおりの18時から始まり、終わった時刻も19時ぴったりでした☆
1時間のステージで大知くんは10曲を披露してくれました。
私はCブロック1列目のセンターで見ていました。
Aブロック、Bブロックのちょうど間の位置だったので、大知くんの全身がよく見えました。
この席を取ってくれたお友達に感謝!!!どうもありがとうね☆

<オープニング>
シューヤさんが登場。
暗闇の中、赤のハンチングが浮き上がって見えました。
シューヤさんがDJブースに着き、聴き覚えのある音楽が流れ出す。
どこで聴いたんだろう?RSCかな??
ゆるめの音楽が流れる中、“D-ROCK”というアナウンスが聞こえます。
このD-ROCKアナウンスに合わせて、大知くんが上手袖から登場!
(※袖というより、ステージの幕?の後ろ。大知くんが一番に出てきました!)
大知くんとダンサーさんが1曲目のスタンバイに入り、ドキドキが高まります。
この時点で1曲目が“Free Style”だとわかりました。
間髪をいれずにそのまま“Free Style”のイントロへ。
大知くんの服装が超好みで焦った!!!!!

≪大知くんの衣装≫
トップスは迷彩ブルゾン(クリスマスライブ着用)。
ブルゾンの下に緑色のロングTシャツ(ライブDVD時着用)。
ボトムスは“Southen Cross”のPVでおなじみのevisuジーンズ(白ペイント入り)。
久々のevisuジーンズが素敵だった~~~♪
前は左膝のあたりにとげとげカモメマークのペイント。
後ろは両足(正確には、お尻の下からふくらはぎまで)に大きくMのようなペイント。
※後ろ姿を見て、「三浦のMに見える!すごい!!!」と一人で喜んでいました。笑。
スニーカーは白ベースで黒のライン入り?
(自信なし。でも白×黒のスニーカーには間違いないと思う。)
キャップは黒で、キラキラの英語のロゴ入り。
ロゴは“S”しかわからず。Cブロックからでは判別不可能でした。
Dネックレスなし。

髪がすごく伸びていてびっくりしました。
後ろを向いたときにキャップの下からのぞく襟足が素敵でした。
後ろ姿にこんなにドキっとしたのは初めてかも・・・・・
とにかく服装がめちゃめちゃ好みで、登場の瞬間から倒れそうでした。笑。
大知くんはカジュアルな服装が似合うよ~~~
体型も戻っていた・・・・・・気がします。
頬がこけていなかったし、胸板もしっかりしていたから。
遠かったからかもしれないけど。
下に長袖を着てたせいかもしれないけど。

<Free Style>
大知くんまで距離があったせいか、冷静に全体を見ることができました。
ステージ全体を見るとこんなにも印象が違うのかとびっくり。
振りもフォーメーションも特に変わっていないのに、
まるで別のステージを見ているような新鮮な感覚でした。
“Free Style”は後ろからダンス全体を見た方がかっこいいですね。
5人そろうと迫力が違います!
最初は着席していたA、Bブロックの学生さんたちも、
気付いたころには立ち上がり、ノリノリで一緒に踊っていました。
大知ライブでは座ってなんかいられないよね!!!!
ダンサーさんのソロパートはいつも盛り上がりますが、
この日はいつもより数倍すごくて、Aブロックからどよめきが起こっていました。
かっこいいダンスを目の当たりにして、衝撃を受けたからだと思います。
その反応を見て、大知くんもダンサーさんもかなりうれしそうでした。
この曲では必ず注目するポイントがあります。
「Go!Go!」のところから「I can・・・」につながる部分。
直角に挙げている右手を左手でなぞる動きのところです。
この右手が最高にかっこいいんですよ。
右手の肘から指先にかけてのラインと角度がとにかく好きです。
親指の位置と、人差し指から小指までの角度がたまりません!(← 細かい)
そうそう、この日の大知くんは胸ヒット控えめでした。(※後で爆発するのですよ!)
この曲で学生さんたちを一気に大知ワールドへ引き込んだ大知くん。
オープニングに“Free Style”をもってきたのは、大正解だったと思います。
“Be Shining”への流れもすごくよくて、さすがだなぁと思いました。

<Be Shining>
まずはじめに。
カモンカモンのところの胸ヒットはかなり控えめでした。
“Free Style”に引き続き、大知くんったら出し惜しみしてるの?と思えるほど。笑。
そして、A、Bブロックの学生さんたち(特にAブロック!)の反応がもの凄かった!
大知くんが上手、下手に動くたびに大盛り上がり!!!!
いつもの大知ライブにはないノリで、それを見た大知くんもクルーもテンション↑↑
お客さんの反応がいいと楽しいよね☆
“Be Shining”の中で大好きなポーズがあります。
サビの振りに入る前なのですが、大知くんが右手をパーにして上空に掲げて、
「行くよーー!」って感じでみんなを待っててくれるポーズ。わかるかな~~??
あのポーズがすごく好きなんです。
「大知くんが待っててくれてる☆」と思うとうれしくて、ついつい同じポーズをしちゃう。笑。大知くんは、初めて見る人にも振りがちゃんと伝わるようにといつもより大きく踊っていました。
そして、視線をしょーたんに移すと・・・・・・・
このときのしょーたんが超かわいかったの~~~♪
左手を腰にあて、右手を挙げて左右にバイバイしながら、同時にお尻もフリフリ!
ほんっとにフリフリしてたんだよ!!!!かわいくない???
いつもクールなしょーたんが、超笑顔でお尻フリフリで・・・・笑。
その姿を見て私もテンションが上がりました!
しょーたんがノリノリなのに、負けていられないわって。笑。
大知くんもクルーもみんないい笑顔で、客席も笑顔で、
みんなの振りがそろって、会場が一つになって。
そんな様子を後ろから見ているとすごく幸せでした。
ライブハウスと違って、隣の人とのスペースがあった分、手を大きく振れたし、
人差し指を天井へと持っていく振りもいつもより高くできました。
隣りの人を気にせず、のびのび動けることがとても新鮮でした。

で、恒例のダンサーさんと大知くんの絡みのシーン。
今回は上手がえんどーくんとSORIさん。
下手がTOMONORIさんとしょーたんでした。
まず、大知くんが上手の方にステップしていくと・・・・・
えんどーくんとSORIさんが大知くんの衣装の乱れを直してあげていました。(お決まりだよね!)
そして、大知くんを上手からセンターへと押し返す!
えんどーくんは、しょーたんたちの方を指差したままストップ状態。
SORIさんも同じくストップ!
上手から押し返された大知くんはステップを踏みながらセンターへと戻り、センターでしばらく歌います。
ダンサーさんたちは、さきほどのポーズのまま全員ストップ。
下手にいるしょーたんとTOMONORIさんは、身体は静止しつつも、
顔を見合わせ、何かしゃべりながら作戦会議をしていました。
そして、大知くんがセンターから下手へステップしていくと・・・・
しょーたんは大知くんの肩に左肘を乗せて仲良しポーズ!
TOMONORIさんは、近づいてきた大知くんをセンターへと押し返す!
大知くんを押し出す格好(両手のひらを前にして)でTOMONORIさんがストップ!
そして、しょーたんもストップ!!!
ダンサー4人とも動きを止めている中、大知くんはステップを踏みながらセンターへと戻ります。
そこから大知くんがセンターで少し歌って、歌い終わると、大知くんと今まで静止していたダンサーさんたちがそろってダンシング!!!!
この一連の流れがすごくよかったです。
動と静のメリハリがあって、遊び心も満載で。
何より、大知くんやクルーの楽しそうな表情を見られたことがうれしかったです。
楽しかった~~~~!!!!!!!!
スポンサーサイト
【2007/11/01 13:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
~神田外語大学 浜風祭 Set List~
軽く書くと言っておきながら、また長くなりそうな予感がします。笑。
書き始めると楽しくて止まらないんだよ~~~
ライブ後に書いたメモを見ていたら、記憶が蘇ってきました。
メモを友達に見せたら、「これって感想だよ!?」って突っ込まれたけど・・・・
2曲目の“Be Shining”まで書いたのですが、既にかなり長いです。
覚悟して読んでくださいませ。

てことで、まずはセットリスト~~♪

1.Free Style
2.Be Shining
~ MC ~
3.Keep It Goin' On
4.DMC
~ MC ~
5.Knock Knock Knock
6.Sad Eyes
~ Dance Corner ~
<衣装チェンジ>
~ MC ~
7.Southern Cross
8.Super Star
9.Flag
~ Encore ~
10. No Limit
【2007/11/01 11:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
~神田外語大学 浜風祭ライブ~
コンディションは最悪でしたが、素晴らしい学園祭でした!!!!
神田外語大学はいい大学です。
対応してくださった学生さんたちが素晴らしかったです。
到着したファンに順番に傘袋を配ってくれたり、
外で待っているファンの横を通るたびに「もうすぐ入場できますので」と声をかけてくれたり。
びしょぬれになりながら動き回ってくれていました。
入場整理もスムーズで素晴らしかったです。
椅子席だったのには驚いたけど、椅子の配置の仕方もよかったです。
体育館の下手側の半分がAブロック、上手側の半分がBブロックだったので、
Cブロック、DブロックはそれぞれA、Bブロックの後ろかなぁと思ってたんです。
でも、CブロックはDブロックの前に配置されていました。
ブロックごとの区切りはありましたが、ブロック内での座席指定は無く、
整理番号の早い人から好きな席に座れるようになっていました。
後ろからでも見えるようにと座席の間隔がかなり広くとられていました。
床にグリーンのマットを敷いてくれているのも有難かったです。
寒くて凍えそうだったのですが、マットのおかげで救われました。

うれしかったエピソードがあるんですよ。
整理番号がC-2番だったため、Cブロックの中で一番に入場しました。
勝手がわからず、どこに座ろうかと戸惑っていた私に、スタッフさんは、
「ここ全体がCブロックですので、好きな席に座ってくださいね」と声をかけてくれたんです。
さりげない心遣いを感じて幸せな気持ちになりました。
そして、開演時間も迫ってきたときに、手紙を渡し忘れていたことに気付いたんです。
ライブ後だと間に合わないと思い、迷ったのですが、近くにいたスタッフさんに声をかけました。
その方は担当ではないため、よくわからない様子でしたが、
すぐに別のスタッフさんに連絡してくれ、その方が快く受け取ってくれました。
ダメ元で声をかけたのに・・・・・・とっても有難かったです。
大知くんのライブにふさわしい、温かい対応でした。
私自身、びしょぬれで体力も気力も低めだったけれど、
優しい対応をされて、かなり救われたところがありました。
ここで冷たい対応をされていたら・・・・・・こんなに楽しめなかったはずです。
ライブはステージだけで完成されるものではないと痛感しました。
入場してから退場するまで、全てが大知ライブの一環。
そういう意味でも、この学園祭ライブは素晴らしかったと思います。
嵐の中、参加した甲斐が充分にありました!!!!!!
スタッフさん、親切な対応をありがとうございました☆
大知くん、素晴らしい学園祭に参加できてよかったね☆
【2007/11/01 11:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。