プロフィール

あすか

Author:あすか

三浦大知くんが大好きなあすかです。大知くんの素晴らしさを少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Blog Pet

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.3
ライブレポvol.1とvol.2はこちらから。
↓↓↓↓

SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.1
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.2

<MC>:おにぃちゃんだいち
大知くんが後ろを向いているときに「だ~いちぃ~~」という可愛い声が。
2階の関係者席にちびっこたちがいたので、おそらくその誰かの声だと思います。
それに気付いた大知くんは「後で遊んであげるからね」とお兄ちゃん口調でした。

バラードが聴きたいと言っていた私。
ここからは大知くんからのバラード攻めに遭います。
新曲を2曲歌ってくれたのですが、2曲とも素晴らしいナンバーでした。
曲調が本当に私好みだったんです。
聴いているとすーっと引き込まれていく感覚に陥りました。
心がほどけていく感じ。
大知くんに心を浄化してもらっている感じ。
さすがにメロディは思い出せませんが、その時感じた気持ちは覚えています。

<For Real Love>:安らぎだいち
聴いて一番に感じたこと。
ビートがすごく心地いいなぁということ。
あと、なんとなくKnockに似てるなぁと思ったんです。
自信はないけど・・・・・勘違いかもしれないけど。
ビートに大知くんの声がのってとても心地よく耳に届きました。
サビかなぁ?どこだったかはっきりと覚えてないのですが、
声が高音から低音へと移り変わるところが素晴らしかった!!!!!
「こんな歌い方できるんだ!」とかなり驚きました。
やっぱり大知くんの声はバラードに映えますね。

<Feeling It>:切ないだいち
この曲は何といっても演出が素晴らしかったです。
ライティングが本当に綺麗で見ていてため息がでました。
ステージ中央にいる大知くんに向かって、頭上からライトが一直線に当たるんです。
前から見ると大知くんが二等辺三角形の光の中心で歌っている感じ。
イントロ部分では白の照明が当たっていて、大知くんの表情が影になって見えないんです。
曲が始まると照明が青に変わって、表情もしっかり見えるようになります。
照明に照らされた大知くんの表情がすごく切なくてぐっときました。
メロディも歌詞もすごく切ないんですよ。
メロディと、声と、表情と、照明と、そのすべてが絶妙のバランスで、
すべてが作用し合って素晴らしい空間を作りあげていました。
息をひそめて大知くんの声に聴き入っていました。
本当に素晴らしかったです。
最後には照明が再び白に変わり、大知くんの表情が見えなくなります。
みんな大知くんの世界にどっぷり浸っていました。
曲が終わるとともに会場中からは大きな歓声があがりました。
みんな思っていることは同じだったようです。
大知くんのバラード最高!!!!!!!

会場が暗転して、大知くんがスタッフさんに何かしてもらってる!
なんとヘッドセットマイクを付けてもらっていたのでした。
初めての「Sad Eyez ダンスver.」です。

<Sad Eyes ダンスver.>:挑戦するだいち
新しい試みを見せてくれましたね!!!
ダンサーを引き連れての「Sad Eyes」です。
カクカクっとした手の動きの入った独特のダンスでした。
かっこよかったです!!!!!
私の周りでも評判よかったですよ。
ただ・・・・私はダンスver.よりも通常ver.が好きです。
私はこの曲を歌う大知くんの表情を見るのが好きなんです。
「Sad Eyes」は表現力をみせる曲だと思っているので。
この曲を歌う大知くんの切ない表情がいいんですよね。
でも、新しいことに挑戦することは大賛成です☆

<MC>:おちゃめなだいち
大知くん作詞の「For Real Love」と「Feeling It」の説明をしてくれました。
「Feeling It」は複雑な恋模様を綴っているそうです。
「経験したこともないのにしぼり出して書きました」と話す大知くんが可愛かったです。
そして曲紹介に移ります。
次の曲はビヨンセの振り付け師Ramonさんに振り付けしてもらったという曲。
大知くんが「次の曲はなんとビヨンセの・・・」と言ったところで会場が「きゃーーー!!!!」とわきます。
その反応を見てうれしそうに言葉を続ける大知くん。
「ビヨンセの振り付け師のRamon・・・・」と言ったら会場が「あぁ・・・」とがっかりしちゃったんですよ。
それを聞いた大知くんは「あれ??Ramonすごいでしょ?」とみんなの反応にどぎまぎ。
その大知くんの反応が可愛くておもしろくてツボでした。

<Starting All Over Again>:攻撃的なだいち
機械音いっぱいのナンバーでした。
ダンスが攻撃的でかっこよくて、会場の盛り上がりがすごかったです!
今までの大知くんにないテイストのダンスです。
曲調も洋楽っぽくて新鮮でした。
日本人でこの曲を歌いこなせる人はなかなかいないと思います。
聴いていて“難しい曲だなぁ”と思ったので。
大知くんはその難しい曲をちゃんと自分のものにしていて、
そのうえダンスまで踊っています。
あらためて“三浦大知すげーーー!只者じゃない!!!!”と思いました。
曲の終わり方も特徴的でかっこよかったです!!!!
終わったと思って拍手したんですよ。
そしたら肩透かしにあったみたいにまた曲が始まって。
最後、大知くんたちは曲が終わるとともに走るようにステージを去るのですが、
その姿がばっちりキマっててかっこよかったです。
今までの三浦大知にはない新しいスタイルが観られて大満足でした。
もう言うことなし!!!!!!!
スポンサーサイト
【2007/08/26 18:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<世界一の幸せ者 | ホーム | SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://asukanokutsuoto2.blog106.fc2.com/tb.php/393-47c74fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。