プロフィール

あすか

Author:あすか

三浦大知くんが大好きなあすかです。大知くんの素晴らしさを少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Blog Pet

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.6
ライブレポvol.1からvol.5まではこちらから。
↓↓↓↓
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.1
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.2
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.3
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.4
SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.5

~~Encore~~
<Open Your Heart>:微笑み合うだいち
楽しかった!!!!!本当に楽しくて幸せだった!!!!!!
この曲を歌っているときに大知くんは素晴らしい笑顔をくれました。
これまではパワフルな大知くんを一方的に見つめるばかりでしたが、
ここでは大知くんと笑顔の交換ができました。
「羽なんか誰もないけど 君とならどこへでも 飛べそうな気がするから」
この歌詞がすごく好きです。
大知くんならどんな遠くにでも飛んで行けるだろうなぁ。
大知くんの手を握って色んな世界に連れて行って欲しいなぁ。
大知くんと共に羽ばたいていけたらなぁ。
そんなことを思いながらこの歌詞を口ずさみました。
「ありがとう」の気持ちを笑顔とともに大知くんへ届けました。
そうだ!「羽なんか」の振りにこの時初めて気付いたんですよ。
手を羽に見立ててパタパタさせるんですね。
パタパタ大知くんはすごく可愛かったです☆
この曲あたりから、ライブが終わっていく寂しさが少しずつこみ上げてきました。

<MC>:だいちの本音
「ライブが終わっていくことが寂しい」と言葉を詰まらせる大知くん。
ほんとだね、私もこの時間がいつまでも続けばいいのにと願っていたよ。
大知くんも同じ気持ちでいてくれることがうれしくて、胸が熱くなりました。
「幸せです」と話す大知くんの言葉を聞いて私の心に変化が生まれました。
過ぎてしまった時間を悲しむよりも、残りわずかな時間を精一杯楽しもう。
この瞬間の喜びを胸に刻んでずっと忘れないようにしよう。
目の前の大知くんにそう誓いました。

「あの日封印したスペシャルな曲を歌います」と話す大知くん。
私の心に浮かんだ曲はあの曲しかありませんでした。
ライブ前からずっと歌って欲しいと願っていた「Everlasting Love」

願いが叶って本当にうれしかった。
大知くんの気持ちが痛いほど伝わってきて本当に幸せだった。
あんなに幸せな時間を過ごせたことが未だに信じられません。
大知くんの愛は本当にあったかかったなぁ。

<Everlasting Love 2007>:大地を越えた大知
思い出しただけで胸がいっぱいになります。
イントロを聴いた瞬間、我慢していた涙が一気に零れ落ちました。
20歳の三浦大知の歌う「Everlasting Love」はあのころとは比べ物にならないくらい、
優しくて、色気があって、そして愛に満ちていました。
大知くんは一言一言を噛み締めるように、大切に大切に歌ってくれました。
こんなに愛のこもった歌を私は今まで聴いたことがありません。
何よりうれしかったのが、進化した「Everlasting Love」が聴けたこと。
ただ座って歌うこともできただろうけれど、大知くんはそうしなかった。
大知くんが届けてくれたのは、成長した現在の三浦大知の「Everlasting Love」でした。
ライブの帰り道、友達が話してくれました。
「今までEverlasting Loveがどうしても聴けなかった。
声変わり中の大知くんの声が痛々しかったから。
でも今日、成長した大知くんの声であの曲が聴けて本当にうれしかった。
本当に感動した」と。
2007年8月24日という記念すべき日にこの曲が聴けて本当に本当にうれしかった。
会場にいた全ての人の心に大知くんの歌声は優しく響いたと思います。
大知くんの愛はあったかくて、大きくて、そして真っ直ぐでした。
愛に包まれた至福の時間を過ごすことができました。
大知くんからもらった永遠の愛の贈り物。
これからもずっと心の奥に大切にしまっておきます。
大知くん、本当に本当にありがとう。
大知くんのファンでいられて幸せです。心からそう思います。

<MC>:感極まるだいち
この記念すべき日に何を届けようかとすごく悩んでいた大知くん。
そして思い浮かんだのがこの「Everlasting Love」だそうです。
成長した姿を観て欲しかったんだよね。
私はこの曲を聴いて、大知くんの魂に触れた気がしました。
揺ぎない信念を感じました。
大知くんがすごく頼もしく、大きく見えました。
私たちの方が素晴らしい贈り物を届けてもらっちゃったね。
大知くん心からありがとう。
これからも一緒に歩いていけたらと思っています。

次の曲は大知くんが私たちファンのために、ファンを想って書いてくれた曲です。
タイトルは「Family」
心の痛みや悲しみをほどいてくれるようなすごく温かい曲です。
大知くんの優しさが詰まった素晴らしい曲です。

<Family>:だいちの愛
タイトルどおりのすごく優しくて温かいバラードです。
この曲の中で忘れられない言葉がありました。
それは「虹」です。
大知くんらしくてすごく素敵だなぁと思ったんですよ。
「Everlasting Love 2007」でみんなが流した涙の雨。
その雨の後の会場に大知くんが虹をかけてくれました。
虹がかかった後も私はまだ泣いていたけれど・・・・・・笑。
この曲の途中で大知くんへのサプライズがありました。
開場の際に渡されたペンライトを使ってのサプライズ。
大知くんの歌に合わせてみんなで青のペンライトを振るというものです。
曲の途中でダンサーさんたちがセット2階からペンライトを振りながら出てきました。
それを見て客席はすぐに準備態勢へ。
大知くんの歌に合わせて青の光が揺れはじめます。
それを見た大知くんは一瞬何が起こったかわからない様子。
「あれっ!???」という顔をして、後ろを振り返っていました。
そして、事の顛末を理解して「やられたーーー」という表情に。笑。
サプライズ大成功!!!!!
そのとき、私はペンライトの光らせ方がわからず一人苦戦中でした。
みんなを見て焦る私。
でもどこを折ったらいいのかわからない。
隣の人に必死で助けを求め、教えてもらったのはいいけれど、
ペンライトの先のゴムみたいなところを折ろうとしてしまって・・・・・・
全然折れずにパニくる私。
見かねた隣の人が「真ん中を折るんですよ」と教えてくれて。
ようやく折れました。笑。
私のバカ話はさておき、会場中に青い虹が生まれたんですよ。
ステージから見たらどんなにきれいだっただろう。
大知くんはそれを見ながらどんな気持ちで歌ったんだろう。
私は大知くんの幸せそうな顔が見られて本当にうれしかったよ。
大知くんの好きな青の光でみんなと大知くんの心が一つに結ばれた気がしました。
大知くん、私たちのために素晴らしい曲をありがとう。

つづく。
スポンサーサイト
【2007/09/09 12:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<SUMMER SEMINAR '07 ~Jump into the 20th~ vol.7 | ホーム | 言葉の贈りもの>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://asukanokutsuoto2.blog106.fc2.com/tb.php/404-a7daee80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。